teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


原発なくても、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 3月 9日(金)17時14分20秒
編集済
  電力余りまくりでございます。
再生可能電力の供給増加と、LEDなどによる電力需要の減少が加速しています。

電力会社は固定費の塊なので、電力売り上げが低下すると一気に経営危機に陥ります。
電力独占時代ならば政治的に電気代を上げればよかったのですが、自由化された今はその手が使えません。
中長期的にみると、電力会社にとっても原発と手を切りたいのが本音ではないかと思います。
そうなると困るのが経団連というわけで。

 
 

(無題)

 投稿者:西村  投稿日:2018年 3月 9日(金)08時07分15秒
  小泉さん、電力は現在でも間に合っている、というのはそのとおりで、ほとんどの国民が実感しているのではないかと思います。

「収益・経営第一」は企業としては当然ではないでしょうか。
再稼動後は安くする、には表立って反対できません。廃炉費用を含めると高くなるはず、というのは試算があるなら公表してもらいたいです。
現在でもコストは下げられるのであれば誰だってそうしてもらいたいのです。(わが北海道は日本一高い電力料金を払っています)

「原発輸出事業」は英国などの国外で痛烈な反対運動があればいいのですけどね。

小泉さんは顔が広いのですから、いろいろな意見を吸い上げて別の観点からの反対を唱えてほしいものです。
 

意外な所から

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 3月 8日(木)23時41分29秒
  安倍政権打倒への援軍がw
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/224687
 

自民党の

 投稿者:西村  投稿日:2018年 3月 8日(木)06時24分2秒
  改憲本部の改憲条文案では緊急事態条項を設けようとしています。

この案では緊急事態に該当する事態になれば内閣に権限を集中させ法律と同じ効力を持つ政令を制定できるようになります。

これは人権を侵害する恐れがあるほか、戦前の治安維持法を大きく変えた非常事態条項、ヒットラーの全権委任法によりワイマール憲法が認めていた「危機に際して国家元首の権限を拡大する『緊急命令発布権』」とによりあの恐ろしい絶対権力を掌握、これらを彷彿とさせます。

自衛隊を憲法に盛り込むことよりも恐ろしいことだと思います。
 

城南信金のおじさん

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 3月 6日(火)13時37分11秒
編集済
  は、新古典主義だったんですね。意外です。信金の精神からも、ケインジアンだと思ってました。
もっとも、今日において「純粋なマネタリスト」も「純粋なケインジアン」もおらず、誰もが中間的
な所にいるって言えば、その通りなのですがw

産経の一部の記者が、トンデモ無い事をしていたのは、基本的には社の方針に沿った記事を書くため
なんでしょうが、しかし彼らは処分されたので、そこは認めても良いかな、と思います。
嘘はダメですが、右翼偏向であれ左翼偏向であれ、偏向を認める事こそが民主主義の要諦ですから。
 

<産経新聞>、<城南信金>、<東京新聞>、ニューメディア

 投稿者:RYU  投稿日:2018年 3月 6日(火)11時49分20秒
   私は、「<産経>は<産経>でしょ、っていう程度の新聞社なのかなあ? そうなら残念ですね」と書きました。もちろん、これは揶揄です。私は、もともと、「<産経>は<産経>でしょ」と思っている集団にいます。
 でも、そういう言い方をしたとき、ツボはその程度なのですが、「あんまりまともっぽくはないけどねえ」くらいから「あんなの、報道機関じゃなくて言論暴力機関だ、社会に不要だ」くらいまでの幅があるわけです。
 私は、そもそも、産経新聞社を高く信頼できる新聞社とは思っていませんでしたが、このたびの連続的な暴走は、その水準で語れる話なのではなく、記者個人に、あるいは、編集部に、職業上の倫理観が欠損していて、もはや暴力をふるっているという水準で語るべきなのだろうと思っています。産経新聞社がそういう会社であり続けるのかどうか、お詫びしたことではなく、あとの行動をもって、観察しなければいけませんね。
 私は、産経新聞社とか同編集局とかは、よくない言い方ですが、「ともかくとして」、ああいう行為をなす個人がいることが、とても残念です。何故って、その当人は自分が何を怠ったか、百も承知なわけですから。

 城南信金のおじさんは、少しの期間、<東京新聞>に連載をしていたようですね。10回らしいので、書籍化はないと思いますが。

 城南信金のおじさんのまとまった発言は、これ。無料のデジタルブックレット。
  http://digitalbook-jp.com/book/dbooks/html5/book.html?fileName=0000196004
 

<城南信金>のおじさん

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 3月 5日(月)01時21分30秒
編集済
  じつは、我が家では3.11以降預金の多くを城南信金に移しました。
別に宣伝をするつもりはありませんが、私なりに評価している点は以下のとおり。

・「貸すも親切、貸さぬも親切」・・・城南信金は、不動産バブルの時、あぶく銭ビジネスはダメだと言って不動産売買資金の貸付を一切しなかった。そのため貸し付けの焦げ付きが起きなかった。ヤバイ貸付けをしないので日本のどの銀行よりも高い信用格付けを得ている。私はお金を預ける先として最も健全な金融機関だと認識している。
・詐欺行為などのための架空名義口座を作らせないしくみがある。新規口座の開設を申し込むと、厳しいチェックがあり、かつ本当にそこに住んで生活しているかわざわざ自宅まで見に来る。そのため、口座開設には2週間くらいかかる。
・ATM機能を制限して年配者にATMから振り込みをさせない。つまり不便なわけであるがそのおかげで振り込め詐欺をほぼ完全に防止している。また、窓口対応はとても親切でスムーズ。(2011年10月より振り込め詐欺防止機能(窓口で振込機能付与や振込先の事前登録を行う)を付けた上で取り扱いを開始した。)
・「カードは麻薬」・・・銀行式高利貸しである無担保ローンやレボルビングをやっていない。(世界の金融機関が最も高い利益を上げているのが顧客を借金漬けにして稼ぐ無担保ローンとレボルビングである。レボルビングを発明した米国の銀行やカード会社は、借金をすぐに返済して無担保ローンを利用しないカード顧客をゴミ顧客と呼んでいる)
・信金ネットは他行ATMでの手数料が銀行よりもずっと安いかタダである。銀行ATMにはできない機能(他行ATMで自分の口座に入金)もある。
・懸賞金付き定期預金がある。これまでもらった懸賞金額は利息をはるかに上回る。さらに、はずれても残念賞でかなり高い確率でお米10kgが当たる。

経済的に原発はあり得ないというお話も理由のひとつですが、それ以外の理由の方が大きいかも。
 

地方ブロック紙

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 2月25日(日)22時42分15秒
  一般的に言って、地方ブロック紙というのは占有率が高いです。

中日新聞は、東海エリアで6割のシェアを持っていますし、島根・鳥取で発行されている山陰中央新報は
未だに僅かながら部数が伸びていて、4割ほどのシェアです。
概ね都市部では低くなりますが、それでも、例えば神戸新聞は兵庫県で最大シェアだったりします。

一つの理由としては、例えば何処の誰それが亡くなられた、なんてのは地方紙で無ければ判らなというの
がありますわね。そういうのを見て、葬式とか行ったりするし。
あるいは、いわゆる町ネタと言われるもので、近場の行事なんかを把握する、というのもあります。
 

Re:北陸から北海道にかけて

 投稿者:西村  投稿日:2018年 2月25日(日)10時58分24秒
  https://tenki.jp/amedas/1/1/15076.html
にはまだ 311cm ですが、新聞によりますと幌加内町は 313cm の積雪で 48 年ぶりに最深積雪量を更新したようです。

原子力災害が発生し避難しなくちゃいけないとき、地震のほか積雪や吹雪そして北陸は冬の雷も発生するでしょうから、本当にできるのかどうか考えなくちゃいけません。
台風だって同じで、嵐と地震は何のつながりもありませんから同時発生を考えなくちゃいけません。道路は倒木で通れず、海は大時化ということも想定しているかどうか。
自分の町ならともかく、道を通すためにと放射線が降り注ぐ中、他の町からそんなところにとことこと重機に乗って応援する気が起こるかどうか。

原子力規制委員会も科学的な検証とはいってもそういう想定はしていません。
 

新聞を

 投稿者:西村  投稿日:2018年 2月24日(土)11時50分59秒
  読んでいない人がずいぶん多いようですね~。わが北海道は世帯数 2,742,602 に対し 1,783,258 (朝夕刊セット、朝刊のみ、夕刊のみの計)になっています(http://www.pressnet.or.jp/data/circulation/circulation02.html)。

産経は赤旗にも抜かれそう、ってのもありました。

ちなみに私は北海道新聞。圧倒的に道内はこれです。この社、フジサンケイG のフジテレビを放映している UHB という TV 局を抱えておりますが、左右の意見が割れる記事は意見として左も右も載せています。
毎日と日経は北海道新聞配達所がついでに配っています。産経など扱っている会社はないと思います。

ちなみに北海道新聞はやっていませんが、朝日も読売もセールスがけっこう強引と思える活動をしているようです。もちろん道新からの乗り換えを狙って。さもないと本州からの転勤者のみがとるだけに終わるからです。

私は神奈川県大和市にいたときたったひと月だけ読売をとりました。どうにも馴染めないためすぐに止めるといったら洗剤を返せって。返しましたよ。使わないメーカだったので。
朝日も短期間とりましたが、ほとんど毎日でした。将棋の名人戦が載っていたからです。今は読む時間がないので朝刊のみですが、このころはきちんとセットでとっていました。
 

産経新聞

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 2月23日(金)00時18分41秒
  ご参考までにw
https://ameblo.jp/katsu-sando/entry-12329785966.html
 

市民とか専門家とか報道機関とかなー

 投稿者:RYU  投稿日:2018年 2月22日(木)11時13分12秒
   <城南信金>のおじさんですね。いいですよね、この方。でも、その記事では、若干、威勢がよすぎるかなあ。戦艦大和が出てきたりとか(「航空主兵が世界の論調だった」というのはいささかなにかな、と)。まあ、<産経>に売られた喧嘩を買っているわけですから、このくらいが普通なのでしょうかね。
 にしても、<産経>って、先日の沖縄地方紙攻撃大失敗とか、いったいどうなっているのでしょうね? <産経>は<産経>でしょ、っていう程度の新聞社なのかなあ? そうなら残念ですね。
 

金融の専門家が説く

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 2月19日(月)16時55分55秒
  脱原発論。 私も何年も前から言ってるけど、経済的に原発はあり得ない。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/223325/
 

Re:北陸から北海道にかけて

 投稿者:西村  投稿日:2018年 2月18日(日)07時30分57秒
  https://tenki.jp/amedas/1/1/15076.html
この下のほうにある積雪深をご覧いただくといかにハゲシイか…。約3m!!!
12月からの低音傾向で雪解けが進まなかったせいだそうです。-26℃になっていますが、このあたりでは当たり前の気温です。
道路を除雪したあとは電線が雪に埋もれそうだそうです。6m もあることになります。大変なのはお年寄りで、かなりの高齢化率でしょうから本当に大変だと思います。

私の隣町、岩見沢市で数年前にこんなことがありました。
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2012/01/22a.html
大雪には慣れっこで除雪体制が整ったこの町でもそうなることがあります。
 

北陸から北海道にかけて

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 2月17日(土)22時53分8秒
  かなり酷い状況みたいですね。心から、お悔やみ申し上げます。
https://news.headlines.auone.jp/stories/domestic/social/11367867?genreid=4&subgenreid=12&articleid=11367867&cpid=10130013
 

降雪時の避難

 投稿者:西村  投稿日:2018年 2月 9日(金)10時48分18秒
  福井県とくに福井市は昭和56年(1981年)以来の豪雪になったようでお見舞い申し上げます。

ところで敦賀市ではどの程度か調べると
https://tenki.jp/amedas/4/21/57248.html
とあり、50cm以上の積雪があった模様です。

一方、北海道の泊原発30km圏内では想定の甘い厳冬期の避難訓練が行われました。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/162950?rct=n_major
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/162796?rct=n_major
甘い想定とは、たとえば
①除雪車が約700台確保できる、というが、小樽などからかき集めますが、暴風雪でしかも放射線が降る中での出動?
②暴風雪で孤立した世帯の件数や対応人員の確保が抜けている
③岩内町(いわない)では町民の1074人に「ヨード剤の配布が1時間でできる」とのことだが、医師の問診が必要なのです。医師の到着や住民の避難所への集合を考えると半日でも厳しいでしょう。
などなどです。

敦賀市も福井市と同様に大雪に見舞われたときに原子力災害が発生したら非難できますか?今回の件を見ても自明の理だと思います。
・さすがの自衛隊員も3日間も放射線の降り注ぐ中で本当に作業をしてくれるでしょうか。あのとてつもなく重たい雪の除雪です。
・民間の重機(というよりオペレーター)が集まるでしょうか。放射線や道路状態を考えても厳しいでしょう。

原子力規制委員会はそういったことの判定はしていません、やはり雪国での原発は無理。
 

世論調査

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 1月16日(火)14時19分9秒
編集済
  では、即時全面停止が過半数に迫る勢いのようです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018011502000130.html
(リンク切れしたので、リンク先を変更しました)
更に注意すべきは、これはあくまで「即時・全面」停止の調査であること。
ならば、民意が何処を向いているかは、明らかなのではないかと。
高い内閣支持率に対して、現内閣の指針は全て否定されているのがツボ?w

立民は、市民との共同作業で法案を作るつもりのようですね。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018011502000131.html
 

期待していたけどできませんでした系

 投稿者:RYU  投稿日:2018年 1月11日(木)17時29分34秒
   各党が主体的に、選挙戦術としてではなく、「原発」について考え抜いて欲しいものです。私たちもそうであるべきではありますが。無論、小泉元首相・細川元首相の努力は大いに買います。<自民>は案を党職員が受け取ったと記述されていますね。ああ、安部首相、それはさすがに感じ悪いよ。いや、めちゃくちゃ、感じ悪い。人としていかがか?

 国内の議論が、曖昧な百家争鳴にならないために、ひとつ、押さえてもらいたいなあ、と思うことがあります。それは、「原発」政策は必ずしも「エネルギー政策」ではない、ということです。ちょっと比喩的に過ぎるかもしれませんが。
 なぜなら、「原発」は基幹電源にできない、システム(系)全体としての成立を阻んでいる大問題を抱えています。放射性廃棄物ですね。近未来に解決できそうだという予測もありません。断念していない、という姿勢と、当面無理という予測は、まったく別のものです。つまり、そもそも「エネルギー政策」の選択肢、ミックスされるべき発電方法のひとつとして、頭数に入れられる実用電源として、すでに現時点で近未来に成り立つことはないことがわかっているわけです(私はそう見なしていますが、そうではない方もおられるでしょう)。
 この、今現在の基幹電源の選択肢としてありなのか、なしなのか、そこを素っ飛ばした、どうかすると意図的に惚けた、議論にもならない、「言語明瞭意味不明瞭」な言辞(=「ベースロード電源として、・・・」)しか弄せない人たちには投票しないしかありません。
 でも、それだけのことでどうこうなるわけでもなさそうであることは、先の総選挙でわかってもいるのでした。
 

基本法案

 投稿者:かつ  投稿日:2018年 1月11日(木)10時28分36秒
  さて、立民、民進はどうでるか?
選挙を考えると、連合との関係で大っぴらに原発に反対できないだけに。
https://mainichi.jp/articles/20180111/k00/00m/010/115000c
 

東京電力の評価は奈落の底へ

 投稿者:RYU  投稿日:2017年12月27日(水)10時56分58秒
   東京電力の社会的評価は奈落の底へ沈むほかない事態となりました。
 いくらなんでもこれは酷い、ということが以前にもありましたが、事故の過程とか、処理の過程とか、そういった緊急事態下での混乱を今回は言い訳(あるいは、同情のネタ)にできないので、もう駄目でしょうね。
 新潟県に任せておいてよい事態ではなく、国会か検察が踏み込むべき事態に至ったと思います。

 報道は、例えば、
・「炉心溶融認めず 官邸ではなく当時の東電社長判断/NHK NewsWeb(17/12/26)」
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011272321000.html
 東京電力が、福島第一原子力発電所の事故のあと、2か月以上メルトダウンいわゆる炉心溶融が起きたことを認めなかったことについて、新潟県と東京電力が合同でつくる検証委員会は26日、当時の清水社長の判断であり、当時の民主党政権の官邸からの指示はなかったとする調査結果を公表しました。
 福島第一原発の事故では、3つの原子炉で核燃料が溶け落ちるメルトダウンいわゆる炉心溶融が起きましたが、東京電力は事故から2か月後まで正式に認めず、東京電力の委員会は去年6月、当時の清水正孝社長が当時の民主党政権の官邸からの指示で“炉心溶融”という言葉を使わないよう指示していたなどとする検証結果をまとめていました。[略]
 

未来が見えないのか?

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2017年12月24日(日)21時53分23秒
編集済
  ある種の人々の間では、未来は見ないというのがビジネスの基本だそうです。




 

大浜原発も

 投稿者:かつ  投稿日:2017年12月24日(日)17時28分15秒
編集済
  廃炉が決まりましたね。
https://digital.asahi.com/articles/ASKDP5QGSKDPPLFA00B.html?rm=437

この中で「判断へ」とある、玄海原発も再稼働は不可能でしょう。
40年未満であっても、既に脆性遷移温度の劣化が認められるのだから。

『2030年度の発電量に占める原発の割合を20~22%』というのも、世界の動向からはあり得ませんね。
現在八割近くを原発に依存するフランスですら、2030年には五割と言ってるのにw
ドイツは、2025年にゼロと言ってますね。ドイツは現在、フランスに対して電力を輸出しています。

現在ですら、日本の再エネ比率はフランスやアメリカと比してすらも劣っています。これ以上遅れたら
取り返しが付かないことぐらい判らんのかな? 何十年も前の技術に執着して、未来が見えないのか?
 

ありがとうございました

 投稿者:西村  投稿日:2017年12月24日(日)07時07分18秒
  何度もお付き合いくださりありがとうございました。

そういうゴミの減量化の方法もある、ということですね。やはり保管は必要ですね。
政府は埋め立てて忘れようとしていますが、私は原発立地地で地上保管を願っています。見えれば忘れることはできませんから。
さらにせっかく津波対策をしたんですから無駄にすることはありません。イヤなら住民は首長だけ置いて逃げればいいだけです。
 

何かと言うと

 投稿者:かつ  投稿日:2017年12月23日(土)13時28分46秒
  All or nothing で考えるのはやめてくださいw ゼロと100の間にある、99と1とは大きな違いです。

全体として、10万年のものが300年に、総量が 1/7 になるって事で。

ある物質に規定された時間に規定された量の高速中性子が照射されて、例えば 1%が変換されなかった
としても、99%の放射線量が無くなれば、全体としては放射線量が 1%になるわけですから。

まあ、原理的にはその得られた物質を更にまた分離して、また高速中性子で核変換して、というのを
繰り返せば、ほぼゼロにはなるでしょうけど、余り意味は無いのではないかと。
 

Re: 申し訳ありませんが

 投稿者:西村  投稿日:2017年12月23日(土)12時00分0秒
  ありがとうございました。

しかし、それでも疑問があります。要は残り物の(未使用でも同じですが)ゴミのすべての原子や分子に等しく中性子を当てることは到底、できませんよね?つまり打ち損じが発生してやはりゴミが残ってしまうのではないでしょうか。
(現在の医療での加速器による陽子線治療だってすべてが狙った癌に当たらず打ち損じなどが生じますよね)
 

Re: 申し訳ありませんが

 投稿者:かつ  投稿日:2017年12月23日(土)11時12分54秒
  高速中性子をぶつけたら、色んなものがランダムにできる訳じゃないですよw

プルトニウムみたいな超ウラン元素がもう一度出来るとしたら、それはウランからしかないのであって、
物質毎にある程度分離したうえで、適正な高速中性子を当てることで、狙った変換を行います。だから
前処理が大変になるのでして。

ニュースでは、自然界のウランと同等の放射線量になるまでに、10万年であったものが300年に、総量は 1/7
になる、と言ってますね。細かく見るなら、ネプツニウムなんか半減期が270万年のものが数時間になるとか
もありますが。

>やはり飛行機からロケットを飛ばす技術を開発して宇宙に放り出すのが一番
絶対に国際社会が許可しませんね。万一の事故の時には、世界が滅亡しますw
原発でさえ、1E-6 以下の事故率が求められているのですから、それを下回るとなると、ロケットはおろか、
軍用ジェット機でも無理でしょうね。
 

Re: 申し訳ありませんが

 投稿者:西村  投稿日:2017年12月23日(土)07時45分36秒
  やはりそうですか。わかりました。
しかし、プルトニウムのような半減期の極端に長いモノができない保障はないのではないですか?
それにどの政権もそうですが、10年前のことすら責任を取らないのに、たとえ半減期がセシウムの同位体のように短くても無責任、そのものではないでしょうか。

やはり飛行機からロケットを飛ばす技術を開発して宇宙に放り出すのが一番である気がします。それなら100年も待たずに済むでしょう。それなら原発敷地にゴミとして保管すればいいし。 
 

Re: 申し訳ありませんが

 投稿者:かつ  投稿日:2017年12月22日(金)23時38分1秒
編集済
  「核分裂させる」とか「核融合では無理」と書かれたので、そうじゃないですよ、という事を書いたつもりです。

いきなり、安定した原子になるような核変換はあり得ません。
しかし、半減期(平たく言うなら、放射能が半分になるまでの時間)が数十万年もかかるものが、数百年
になるのなら、大きな価値があるという事です。千年くらいなら地球が大幅に変わる事も無いですしw
 

申し訳ありませんが

 投稿者:西村  投稿日:2017年12月21日(木)07時14分41秒
  お答えでは「安定した原子になるのでしょうか?」がわかりません。

要はどのような放射線も出ない原子ができないのなら、余計なことはしないほうが税金や電気料金の無駄にならないからです。
 

核変換

 投稿者:かつ  投稿日:2017年12月20日(水)14時54分15秒
  高速中性子を当てることで、核変換されると言うだけの話ですから、核融合炉でも行えます。
そりゃ、核融合炉の燃料にはなりませんけどねw

かと言って、一般の原発は低速中性子を使いますから、やっぱりだめで、高速炉に限られます。

ただ、それをするためには前処理が必要で、六ヶ所村を今から本気でやるかという疑問もあります。
 

レンタル掲示板
/90