teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お詫び

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月30日(土)08時12分35秒
  少々、乱暴な書き方をしたことをお詫びしておきます。

(この板、削除や編集できるようですが、私のブラウザではクッキーはブロックしています)
 
 

re:だから

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月30日(土)07時35分43秒
  > 原理的にはトリチウムの分離は可能なんでしょ。やらずに薄めて捨てるのはコストが理由で
> しょ。
> ご自分でもそう書かれていますが。

私、理由が何であれ、捨てている事実があるのだ、という考えが変わらないといっているだけ。
それは事実でしょ!
 

だから

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月29日(金)11時25分18秒
編集済
  原理的にはトリチウムの分離は可能なんでしょ。やらずに薄めて捨てるのはコストが理由でしょ。
ご自分でもそう書かれていますが。

トリチウムは日本だけで話してもしゃーないというか、地球は繋がってるので、世界規模で語る
べき内容だと思うのですわ。

CANDU炉では、例えばカナダでは一機で 2500兆Bq/年 放出していますから、まさに桁違いです。

日本で使われている軽水炉の場合にもっと大きな問題は再処理工場ですね。燃やした燃料には
大量に含まれますから。英国の再処理工場では一箇所でカナダの炉と同じくらい放出します。
クリプトン85 に至っては、その一万倍以上。もちろん、もしも六ヶ所村が稼動すれば同じよう
に放出します。

だから言ってみれば、今は日本で MOX 燃料の原発を動すために、欧米で大量の放射性物質を空中
または水中へ拡散している、というわけです。
 

考えは変わりません

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月29日(金)10時18分53秒
  自然に存在するものは仕方がないですね。あと50億年(動植物が存在できるであろう期間)かけて自然に分裂させればいいのに、わざわざ濃縮して短期間に大量の放射線を排出することなどないのです。
下記の文はhttp://www.sting-wl.com/yagasakikatsuma11.htmlからごく一部の抜粋です。


水にトリチウムが混ざってしまうと化学的性質(化学反応性が)、物理的性質(原子の半径)が同じで、物理的性質の中の原子の重さだけが違うので、トリチウムだけを除去することもできない。だたし莫大な費用をかけて…ガス拡散法やガス遠心分離法などで…トリチウムだけを取り出すことは可能ですけれども。

ほとんど全ての原子力発電所や核燃料再処理工場ではトリチウムの回収を行なっていないため、トリチウムはすべて環境へ放出される。(百島則幸九州大学教授)

2009年度、日本の54基の原子力発電所全体ではどうかと言うとトリチウムを392兆1千億ベクレルという天文学的な量を海に垂れ流しています
 

誤解があるようなので

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月28日(木)14時00分38秒
  一言。

トリチウムは原理的には分離可能です。普通の原発でも少しは出ますが、原子炉で主に問題になるのは
お隣の韓国に沢山あるw、CANDU 炉という重水を減速材に使う炉で、桁違いに大量に発生します。

で、重水は大変高価ですから、その重水に混じったものを除去して元の重水に戻さないと、いけません。
混入したままだと、減速材が劣化して使えず、入れ替えるには値段が高すぎるからです。

だから、重水に混じった高濃度のトリチウムを除去する施設は現存するわけです。
勿論、分離によって減容するだけですから、そのトリチウム自身は消えませんが。
つまり薄めて捨てるのは、コストが理由です。

ロシアで、未だに大きな健康被害がある地域があって、調べてみたら山林のキノコを採集して食べた人に
被害が集中していた、という話があります。イノシシはキノコを食べますから、それが原因ではないかと。

放射性物質は、元々地中にあったものを分裂させることで、別の核種に変っているだけで、核分裂で質量
が大きく増えるわけではありません。つまり最大の問題は濃縮されて一箇所にあることです。
それを自然に任せるには、少しばかり時間が長すぎるということですね。
 

オーストリアでは

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月26日(火)09時01分1秒
  イノシシの肉に放射性セシウム137が4711ベクレル(同国食品基準値の7倍)も検出されたそうですね。
セシウム137は半減期が約30年、やっとセシウム137が半分になっただけ。今でもバリバリの汚染地帯ということです。

ひるがえって福島ではなにかと風評被害だと訴えていますが、福島市はいまでも従来の約5倍も放射線量があります(0.139μSV 従来は0.037-0.046 以上の数字は新聞報道)。これは風評ではなく現実です。

半減期を間違って覚え、無くなる時間と思っている人が大勢いますが、あくまでも半分になるだけで、未来永劫、残り続けます。
原発にはトリチウムが出続けています。除去できないため、海にそのまま捨てられています。つまり原発に燃料がある限りはその海は汚染され続けています。これも未来永劫、消え去ることはないのです。
なので私は泊漁港やその周辺で獲れた魚を口にすることはありません。でも与党は無論、野党にも原発廃止をいえない政治家には原発の海で獲れた魚を送ってあげましょう。
(トリチウム 半減期約12年の放射性物質、3重水素=陽子ひとつ+中性子2つ、水素と同じ性質)
 

最初のレベル7から

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月26日(火)05時41分42秒
  30年。

ウクライナの黒鉛減速炉の大事故が発生したのが30年前の今日。

日本はまた間違った道を進もうとしています。今の政府を変えなくてはいけません。今年、そのチャンスが来ます。

東京は節電意識があまりない、という人たちが約半数になったそうです。
世界最大レベルの事故からたった5年しか経っていないのです。私たちは生活のレベルを変え政治を変えることができるはすなのです。
 

なんか色々言われていますけど

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月22日(金)23時09分4秒
  私は、自衛隊は非常に良くやっていると思いますよ。
タンクローリーの横転はちょっとナンでしたがw、何しろ自衛隊が災害派遣されたのは
3万回を超えています。それにしてはこうした事故は低い確率と言えるんじゃないかと。
それから、自衛隊法に明記されている通り、そもそもが災害派遣は自衛隊の主たる任務
ではない、という点も承知しておくべきではないかと。
 

DC12Vじゃない

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月22日(金)07時55分13秒
  補足します。
私、昔、4Kl(4000l)の家庭配達用のローリーに乗っており、最低の丙種を持っています(というかそれしかないというべきか)。なので油の知識は少しだけあります。
また、それ以降もいわゆる箱車(4t)にも乗っていました。これらは始動は24Vでシガーライタを含む電源は24Vでした。
今回の事故車は写真を見たところ家庭用と同じくらいと見受けられますので、たぶん24Vでしょう。でも安価な簡易な後付ナビ(\10,000程度)ではほとんど12/24V共用が多いように思います。後付を取り付けると税の無駄遣いになりますが。

なお、サファリに乗っていたときVS車のランクルは24V始動だったようですが、車内には12Vにしていたそうです。そのあたりはさすがT社。
 

GPS

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月22日(金)06時45分57秒
  > あってもDC12Vじゃないとか、・・・。

可能性はあるのではないでしょうか。私が昔、乗っていた日産サファリという売れなかった四駆車は24Vでした。今、アホなことやって話題の三菱パジェロにもその前に乗っていましたが、これはバッテリーが2個搭載でしたが12Vでした。私が北海道で、単純に寒冷地だから強化していただけです。(あの会社、やはり15年前につぶすべきだった。三つ子の魂百まで。直らないでしょう)

ところで日本にもナビ用の衛星が打ちあがったか打ち上げられますよね?
これはデータ提供時に精度は落とすのでしょうか?
 

いや

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月21日(木)22時01分55秒
編集済
  私の勝手な予想で言ってるだけですから、本当の理由はどうなのか知りませんよw

ただ、一般論としては、軍隊の規定なんてものはいざと言う時のものですから、平時
だけは OK なんてのは無いでしょうねw
 

規定は必要ですが

 投稿者:RYU  投稿日:2016年 4月21日(木)16時59分38秒
編集済
  移動に関する規定は、当該車両が展開(目的)地域に速やかに到達するために、あるいは、「とはいえそれはやり過ぎだ」とならないためにあるものですよね。
 災害救援では、よほどのことがない限り、自衛隊であっても道路交通法下で移動していくわけですから、今回のように過剰なまでに遠距離であればなおさら、道路に詳しいナビを(ポータブル使い捨てタイプならもはや実売2万円以下であることですし)パッと買ってパッと付けてブイブイ行けばよさそうなものです。
 まさか、シガーライターソケットがないとか、あってもDC12Vじゃないとか、・・・。
 ああ、でも、ポンプ車の口金の径があわないとか、非常用電源が主電源より海に近いとか、・・・。ああ、やばいやばい。

 まともな判断力・思考力を喪失してきている我が国を悲しく思うあまり、小さな事故をあげつらってしまいますね(これはこれでいかんかも)。

 私は何故だか、運転していた隊員をあまり責める気にはならないのですが、それでも、高速道路運転経験者なら皆、こう思うはずだ、と思います。
 「だったら、次のパーキングにしろよ」
 

ナビ

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月21日(木)13時31分24秒
  一部の車両には付いてるそうですが(一般市販車を改装したやつ)、使用禁止なんだとかw
予想ですが、あれって実際の戦闘になった時には変な座標が出て使えなくなりますよね。
だからそういう規定があるんじゃないかと。
 

救援自衛隊車両が横転したとき

 投稿者:RYU  投稿日:2016年 4月21日(木)12時33分49秒
   運転していた隊員は休憩予定のパーキングを行き過ぎそうになって、急ハンドルを切った、と言っているようですね。うーむ。
 以前に、パトリオットが道に迷った、という事件がありましたね。うーむ。

 あのー、ナビを付けたらいいんだと思います。
 

話題が

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月21日(木)06時30分34秒
  尽きませんね。三菱自動車。  

大阪維新の

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月20日(水)09時38分14秒
  片山虎之助参議院議員、2010年から2期目のようですから、今年改選ですね。

比例区のようですが、こういう人たちを選ぶのはどうかと思いますね~。(自身のホームページには謝罪の言葉は載っていませんでした)
 

一番遠いところから

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月20日(水)06時50分53秒
  補足です。
人も車も余っているのが北海道が多いんならいいですよ、でもわざわざ北海道の軽油を持っていく必要はなかろうということです。

彼らは知らないのかな~。軽油って凍結しやすいので、夏用、冬用があって冬用も種類があり、現在の道内の軽油はおそらくまだ真冬用でしょう。そんなものを真夏の気温になる九州まで持っていかなくても途中で汲むことはできるでしょう、ってことです。

もしディーゼル車を南から真冬の北海道に持ち込む際は、なるべくタンクを空に近い状態にして、道内に上陸したらすぐに給油してください。安いからと本州のものを持ち込んでスキーなどしていると帰りは間違いなく動かなくなります。

なお、性質の似た灯油は-40度でも凍結しません。なので冬用の軽油はおそらく灯油に近いのだろうと思っています。
 

> と、書いた途端に

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月20日(水)06時34分5秒
  > 北海道の真駒内駐屯地

隊員がどこの人か知りませんが、北海道の人間なら私を含めて乱暴な運転なのでしょう。
何しろずっと交通死亡事故はトップ10入りです。人は閑散としているのに。

> パーキングエリアに入るための道路が、6時間余りにわたって通れなくなりました。

休めなくなった人がかわいそう…。新たな事故につながってしまう。

> 事故で漏れ出すことはありませんでした。

今回は傾いただけなのかもしれませんが、日本のタンクローリーは写真のタンクの上部に見える三角があり、これにかかって横転してもひっくり返ることが少なくなるようになっています。また、
自衛隊は知りませんが、家庭配達用のタンクローリーには極端に引火性の強いガソリンは運べません。エンジン出力を利用したPTOで油を排出しているからです。スタンドに運ぶ大型ローリーは当然、ガソリンも運びますが、自然落下で排出させています。なのでスタンドのタンクはすべて地下タンクになっているのです。

それにしても何でわざわざ一番遠いところから燃料を運ばなきゃいけないんだろう?
 

と、書いた途端に

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月19日(火)15時22分4秒
編集済
  こんなニュースがw
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160419/k10010488991000.html
 

オスプレイは

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月19日(火)15時18分29秒
  実は同類機の中では、事故が少ないんですけどね。
導入初期にバタバタとやったもんだから、イメージは悪いですが。

多分、物流屋も道路がままならない状態では仕事が引き受けられないのでしょう。
どこが走れてどこが駄目、とか判るまでは難しいかもです。
それこそ、自衛隊車両の出番と言う気もしますが。
 

そうか無知

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月19日(火)14時43分16秒
  か。
人類が得た知識なんてごくごくわずかなもの、公共放送では「相当程度のものがまだ来る可能性がある」程度のことをおっしゃってくれればいいのです。

それにしても、です。大変なところに持ってきて、新ガタガタ輸送機「オスプレイ」のような危険極まりないものを持ち込まないでほしいものです。

そんなことより支援物資は自治体に山積みにあるのに、避難所に届けられないことを何とかしなさい!ってことです。
ド素人の行政ができることは物流屋を手配してさっさと配ってもらうことなんだが。5年前の教訓をド素人たちは何も生かしていません。(きっとまた不用品を送ってくる輩もいるんだろうな)
 

うそつき!ではなくて、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月18日(月)15時45分1秒
  無知なだけだと思いますが。

 

うそつき!

 投稿者:西村  投稿日:2016年 4月17日(日)09時17分28秒
  被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。ご不幸にして亡くなられた方にはご冥福をお祈り申し上げます。

4/15の朝、NHKラジオを聞いていました。
元NHK解説者の伊藤和明氏いわく、最初の地震より大きいものが来ることはない、「もっと大きいのがくる」というのはデマであり流言だから惑わされないように、といっていた半日後にMag. 7.3 の大地震が来たではないか。
彼、今朝の同ラジオで最初のものは前震だった、後から来たものが本震だったとかぬかしておりました。
実際にもっと大きいのが来たのです。最初のラジオを聞いて安心して家にいて後の大地震で被災された方もいたのではないでしょうか。東大理学部出身かは知りませんが、大嘘つきに変わりはないのではないかな?
 

F1

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 4月 7日(木)23時11分37秒
  これがもし、例の凍土壁のせいだとしたら、実は今までが地下深くでダダ漏れだった、という可能性もあるのでは?
http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/428/5462828d04b451d0a8003b3e4aad3525.html?fr=RSS
 

高浜原発

 投稿者:こんりん  投稿日:2016年 3月10日(木)22時54分40秒
  3号機が運転停止になったようです。
さてムラはどのような手を打ってくるのでしょうか?
 

滋賀原発

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 3月 3日(木)14時13分56秒
  本日のニュース。
一号機は廃炉が濃厚、二号機も当面は無理でしょう。
http://mainichi.jp/articles/20160303/k00/00e/040/163000c
 

いよいよ

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 1月25日(月)13時13分27秒
編集済
  始まるようです。
http://www.asahi.com/articles/ASJ1T412GJ1TPLFA001.html?iref=comtop_6_01

そして、未だに他人事のようですw
http://digital.asahi.com/articles/ASJ144H4MJ14ULFA00W.html?rm=460
 

確かに

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 1月23日(土)21時54分10秒
編集済
  一時、米国保守派を始めとして温暖化懐疑論がありました。というか、私もそれ
が正しいのではないか、と十年位前まで思っていました。

ですが、これは博報堂の問題ではなく、間違いなく科学的真実です。
数年前、東京大学が詳細に「地球温暖化懐疑論」に反論した論文をダウンロード
して読むことができます。懐疑論に完全に反駁しています。議論の余地なし。
http://www.ir3s.u-tokyo.ac.jp/publication/others/

但し、それ以前の問題として、原発推進は地球温暖化の対策にはなりません。
事実、京都議定書の運用ルールを定めたマラケシュ合意では 68ページに以下の
ように書かれています。

Recognizing that Parties included in Annex I are to refrain from using
certified emission reductions generated from nuclear facilities to meet
their commitments under Article 3, paragraph 1,

    日本語訳
附属書I 締約国が第3 条第1 パラグラフにおける約束の達成に原子力施設から
生じる認証排出削減量を使用することを差し控えるべきことを認識し、

つまり、国際規約上も、原子力施設を増やすことで CO2 削減なんて出来ないの
ですよ。これは何故か?
原子炉というのは、その膨大な発熱量の、実に70%までを単純に「海を暖める」
ためだけに使うからです。そもそも、水は空気よりもずっと冷めにくいものです
し、またCO2よりも、水蒸気は地球をより暖めますからね。

地球の温暖化は、地球規模で見るなら、実は原発よりも遥かに重要な問題です。
陰謀論のデマビデオを見て、この問題をないがしろにはしないで下さいますよう、
皆様には伏してお願い申し上げます。

<注意> リンクを掲載した東京大学のそれは、あくまでも「科学的」な論文です。
当然ながら「科学的である」という事は、ある程度「専門的である」ということ
でもありますから、それなりに気合?が必要ですw 老婆心までに。
 

博報堂の地球温暖化推進・原発推進情報操作

 投稿者:klmnji  投稿日:2016年 1月23日(土)13時15分50秒
  博報堂の地球温暖化推進・原発推進情報操作
 

3号機のプール燃料取り出し

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 1月20日(水)23時02分29秒
  東電の遠隔操作装置を公開
http://www.asahi.com/articles/ASJ1L34KGJ1LULBJ005.html

訳の判らんイチャモンをつける人が、案外と多いから、ちゃんと見せておこうと
言うことかも知れませんが、実際問題としては、どれだけ明白な映像を出そうが
捏造だの何だのと言う人は言うと思いますよw
思い込みと言うのは、ある種の信仰に近いものがありますから。

まあ、放射線量が相当に高いから、テロリストがプルトニウムを盗もうとしても
マニュピュレータ無しでは出来ないから、公開しても問題ない、なんて考えたの
かも知れませんが、危ないといえば危ない話。
 

レンタル掲示板
/85