teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:21/2612 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

以前にも書きましたが

 投稿者:かつ  投稿日:2017年12月14日(木)12時30分54秒
  通報 編集済
  フランスの電力業者は、2030年ごろには太陽光発電での電力料金は限りなくゼロに近づく、との見通しを
示していますね。太陽光発電は、量産効果と素早い技術革新によって級数的にコストが下がって行くから
ですが、逆に原発ではこれが上がって行きます。これをコストの学習曲線と言いますが、安全面への学習
によってどんどん上がるのが原発で、技術革新と量産効果でどんどん下がるのが太陽光発電という事です。

MIT が新しい太陽電池を提案していて、効率は 4倍くらいになるみたいですが、これだって、実用化まで
10年も無いでしょうが、原発は10年じゃ建ちませんからw

話は変わりますが、以前、MIT とロッキードが共同で研究している超小型核融合炉について、5年以内に
実用化するとか言っていたのに、突如として政府資金がカットされた、と言う話でした。
何故かと思っていましたが、どうやら、原理的に規模を 100倍くらいにする必要があるからみたいです。
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4473908/Trouble-Lockheed-s-fusion-reactor.html

結局、核融合は夢のまま終わるのでは無いか、との見方もあるようです。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1006/201006_102.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:21/2612 《前のページ | 次のページ》
/2612