teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/2548 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

非論理的ですね

 投稿者:かつ  投稿日:2017年 9月 8日(金)23時57分50秒
  通報
  ハッキリ言って馬鹿馬鹿しくて話にならない。それでは北は自国の崩壊を促すだけでしょう。

先ず、既に書いたように、朝鮮戦争は終わっていません。アメリカを何故そこまで敵視しているか、
と言えば、これが最大の理由ですね。更に、先に休戦協定を最初に破ったのは実はアメリカの方です
から、北朝鮮にしてみるなら、信じろと言う方が難しい。これが北朝鮮から見た言い分です。だから
彼らは、核と ICBM にこだわっているのです。先制攻撃に対しては核で報復するぞ、と。

ここで注意すべきは、アメリカにしても北朝鮮にしても、未だ終わっていないからこそ、攻撃が可能
だという事です。国際法上、先制攻撃は侵略戦争になりますから普通は出来ませんが、しかし、未だ
終わっていない戦争であれば、その限りではないから、どちらが仕掛けても侵略にはなりません。
だからトランプも、あそこまで強く言えるのです。中国のジレンマもそこにある。

北朝鮮が何を恐れているか? もちろんそれは、体制の崩壊です。黒電話君は、特にそれが怖いw
かつて、ソ連にあれだけの仕打ちを食らったのに、何故、黒電話君はプーチンを信じているのか?
これも同じ理由で、プーチンは体制の保持を確約したからですね。でもアメリカにはそれが難しい。

だから日本に先制攻撃を仕掛けなければならない理由は、北朝鮮には全くありません。北朝鮮が日本
に先制攻撃を仕掛ければ、それは単なる侵略です。それをしたところで、何のメリットもないどころ
か、むしろアメリカにも口実を与え、中国の後ろ盾さえ失いかねない。圧倒的な損失です。あの国は
そこまで馬鹿じゃない。もっと狡猾です。黒電話本人は馬鹿かも知れないけど、賢い側近はいますw

でも、実はあの米国と北のチキンレース的な罵り合いが無ければ、実はトランプにしてみるなら北が
何をしようが構った事ではない。だからこそトランプは、もし北が ICBM を諦めるのなら、核装備を
しても構わない、と言ってる訳です。何故なら米国にとっては関係が無い事だから。

市場から、ある意味で利益を得ているらしいのはあり得ます。ミサイル発射の時間が、必ず日本時間
の早朝なのは、その時間に開いている市場は、国交のあるアラブの為替相場だからです。
ミサイル発射の時間を知っていたのは北朝鮮ですから、それに伴う為替相場で儲ける事ができます。

https://tr.twipple.jp/p/d5/a4e765.html
実際にこのように動いています。日本上空を超えて発射している最大の理由はこれだと思いますね。
実際に日本に打ち込まなければ、アメリカが出てくることも無いし、為替相場でミサイル発射分以上
の利益を得られて一石二鳥、くらいに考えているかも知れませんw
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/2548 《前のページ | 次のページ》
/2548