teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:238/2548 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

確かに

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 1月23日(土)21時54分10秒
  通報 編集済
  一時、米国保守派を始めとして温暖化懐疑論がありました。というか、私もそれ
が正しいのではないか、と十年位前まで思っていました。

ですが、これは博報堂の問題ではなく、間違いなく科学的真実です。
数年前、東京大学が詳細に「地球温暖化懐疑論」に反論した論文をダウンロード
して読むことができます。懐疑論に完全に反駁しています。議論の余地なし。
http://www.ir3s.u-tokyo.ac.jp/publication/others/

但し、それ以前の問題として、原発推進は地球温暖化の対策にはなりません。
事実、京都議定書の運用ルールを定めたマラケシュ合意では 68ページに以下の
ように書かれています。

Recognizing that Parties included in Annex I are to refrain from using
certified emission reductions generated from nuclear facilities to meet
their commitments under Article 3, paragraph 1,

    日本語訳
附属書I 締約国が第3 条第1 パラグラフにおける約束の達成に原子力施設から
生じる認証排出削減量を使用することを差し控えるべきことを認識し、

つまり、国際規約上も、原子力施設を増やすことで CO2 削減なんて出来ないの
ですよ。これは何故か?
原子炉というのは、その膨大な発熱量の、実に70%までを単純に「海を暖める」
ためだけに使うからです。そもそも、水は空気よりもずっと冷めにくいものです
し、またCO2よりも、水蒸気は地球をより暖めますからね。

地球の温暖化は、地球規模で見るなら、実は原発よりも遥かに重要な問題です。
陰謀論のデマビデオを見て、この問題をないがしろにはしないで下さいますよう、
皆様には伏してお願い申し上げます。

<注意> リンクを掲載した東京大学のそれは、あくまでも「科学的」な論文です。
当然ながら「科学的である」という事は、ある程度「専門的である」ということ
でもありますから、それなりに気合?が必要ですw 老婆心までに。
 
 
》記事一覧表示

新着順:238/2548 《前のページ | 次のページ》
/2548